AIPO V8.0.0を起動してみる(失敗)

AIPO V8.0.0のWindows環境でのビルドはできたようなので、引き続き起動させてみる。

JDKのインストール

JDKは既に、ビルドの段階でWindows X64の「jdk-8u31-windows-x64.exe」を「C:\home\aipo\jdk1.8.0_31」にインストール済み。
環境変数のJAVA_HOMEを変更を変更する。
004

Tomcat

TomcatをVersion6からVersion7に変更する。
http://archive.apache.org/dist/tomcat/tomcat-7/v7.0.59/bin/apache-tomcat-7.0.59-windows-x64.zipをダウンロードし、c:\home\aipo以下に下記のように解凍する。
005
指定の「 JDBC 3(8.X-XXX JDBC 3) 」JDBCドライバの配置を行う
http://jdbc.postgresql.org/download/postgresql-8.1-415.jdbc3.jar
からダウンロード。
ページの指定通りに配置。
006

Eclipseの設定変更

eclips10
eclipse -celanコマンドでEclipseを起動する。
eclips7
「ウィンドウ」->「設定」->「Tomcat」を開き、”Tomcatバージョン”と”Tomcatホーム”を適用させる。
007

プロジェクトの作成

「ファイル」->「新規」->「Javaプロジェクト」と選択し、ビルド済みのフォルダを選択して[次へ]をクリック
008
次の画面で、そのまま[完了]をクリック
009

Tomcatの設定

Eclipseのプロジェクト(パッケージ)エクスプローラーより、プロジェクトフォルダを右クリック
appbuild30
「 Tomcatプロジェクト 」->「 コンテキスト定義を更新 」を選択して、Tomcat のコンテキストを設定します。
appbuild28
appbuild31

起動してみる

Eclipse の Tomcat Launcher より、「 Tomcat 起動 」を実行します。
・・・?はて・???
googleで調べる。
[ウィンドウ][パースペクティブのカスタマイズ]メニューを選択
exec01
[コマンド]タブを選択し、[Tomcat]のチェックボックスにチェックを入れる
exec02
なんか増えた。
exec03

ではTomcat起動してみる。
exec04
セキュリティ警告がでるが、全部許可する。
exec05
うーむ。なんかダメっぽい。
010

EclipseのJava8対応

Eclipseのインストールと日本語化とJDK8(Java8)対応[Eclipse4.4とEclipse4.3]のページに従って、Java8対応をしてみる。
Eclipseのメニューの[Help]>[Eclipse Marketplace…]をクリックします。
011
表示された画面の「Find:」にJava 8 Keplerと入力し検索する。
012
先頭の3つをインストール。インストール保留にしたら、[すぐにインストール(I)>]をクリック
013
[確認(c)>]をクリック
014
「 “m2e – Eclipse 用 Maven 統合” はすでにインストールされているため、代わりに更新が実行されます。」とか表示されたので、そのまま[確認(c)>]をクリック
015
ライセンスに同意して[完了(F)]をクリック
016
インストールが完了すると、Eclipse再起動を求められるので、再起動する。
017

Java8対応の確認

「ウィンドウ」->「設定」と選択し、表示されたウィンドウのレフトメニュー「Java」-「コンパイラー」をクリックする。
コンパイラー準拠レベルのドロップダウンに”1.8″が増えているいればOK
018

Java8用のプラグインのインストール

「ヘルプ」->「新規ソフトウェアのインストール」をクリック
019
作業対象の処はドロップダウンから”http://download.eclipse.org/eclipse/updates/4.3-P-builds/”を選択する。
すると、”Eclipse Java 8 Support(for Kepler SR2)”が表示されるので、それをチェックして、[次へ]
020
そのまま「次へ」をクリック
021
ライセンスに同意し、[完了]をクリック
022
インストールが完了すると、Eclipse再起動を求められるので、再起動する。
017

JVM設定

「ウィンドウ」->「設定」と選択し、表示されたウィンドウのレフトメニュー「Java」-「インストール済みのJRE」をクリックする。
そして、右側の[追加]ボタンをクリック
023
JREの型は、”標準VM”で[次へ]
024
[ディレクトリー]ボタンを押して、jre1.8がインストールされたディレクトリーを選択する。そして[完了]をクリック
025
jre1.8.0_31を選択し、[OK]をクリック
026
再び「ウィンドウ」->「設定」と選択し、表示されたウィンドウのレフトメニュー「Tomcat」-「JVM設定」をクリックする。
027
JREのところのドロップダウンから”jre1.8.0_31″を選択し、[OK]をクリック

もう一度AIPO起動してみる

JVMもちゃんとjre1.8.0_31になっているようで、前よりは進んだようだが、やっぱりダメだった。
028

なんか、cayenneのところがダメだと言っているようだ。
また、今度。

つづく

One thought on “AIPO V8.0.0を起動してみる(失敗)

  1. 自分は、Aipo.comに書いてある通りにインストールしたところ、最初は別のエラーで起動できませんでしたが、TOMCAT_HOME\logの中にあるaipo.logで確認したところ、jdbcドライバがないという内容のエラーメッセージが出力されていたので、TOMCAT_HOME\libの中にJDBCドライバを入れたところ無事起動しました。
    ちなみに、WEB-INF\cayenne.xmlを削除したら、この記事で出ていたエラーが出ました。このファイルが壊れているかなくなっているかなんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>